後見制度の利用 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

トップページ / お役立ちQ&A / 後見制度のこと / 後見制度の利用

お役立ちQ&A

後見制度のこと

後見制度の利用
後見制度の利用

Q.私の父は、自ら事業を起こし、半世紀にわたって会社を大きくしてきました。
3年前、私は父から事業を引き継ぎ、父は悠々自適の隠居生活に入りましたが、そんな父が、最近物忘れが激しく、また感情面でも、癇癪が酷くなってきているのですが・・・。
A.それまで仕事一筋に生活されてきた方は、環境の変化で、精神のバランスを崩されるケースは往々にあるようです。
まず、お父上の判断能力について、医師の診断を受けられることをお奨めします。但し、ストレートに伝えたら本も子も無くしますよ。
健康診断や人間ドックの一部ということにして、「高齢だから念を入れて検査しておいた方がいいよ・・・」などの言い方で、医師ともよく連絡を取り合って受診されてみたら如何でしょう。
最近は、医師の間でも認知症の理解が進んでいますから、遠くの病院まで行かなくても簡単な検査が受けられます。
その結果、判断能力が不十分と判断された場合、ご家族の申立てにより法定後見制度の利用ができるようなり、後見人のサポートも受けられるようになるので、ご家族の負担も軽くなります。


お問い合わせ

TELTEL053-522-8091
FAXFAX053-522-8092

行政書士おぶち法務事務所
担当:小渕直行
営業時間:9:00~18:00
定休日:土・日・祝日

住所:浜松市中区田町231-8プレイスワン田町402

詳細はこちら